コンテナからデバン作業をしてみます。

G&C KYOWA 発電機 (KGD500) をデバンします。
G&C KYOWA 発電機 (KGD500) をデバンします。

今夏に大活躍する「KGD500」を輸入してきました。

天気も晴れてとても気持ちがいいですね。

 

こちらは、新潟港ターミナルのリンコーさんです。

なぜ、「新潟港に荷揚げしたのか」と言いますも、

昨今のコロナの影響で、発電機の製造スケジュールが大幅に遅延してしまい、

急遽いつもの横浜港ではなく航海日数が少なくて済む新潟港を選択しました。

 

しかし、6~7月の大雨の影響で、船のスケジュールも大幅遅延していて、

「納期が間に合わない」ところでしたが・・・

 

そこは、さすがはリンコーさん。

担当の営業さんがとてもすばらしい (→プロなので当たり前ですね。感謝感謝)

 

何がすごいかと申しますと、、

1.当日入航 (ETB Niigata Port)

2.当日通関 (個別搬入)

3. 通関検査もスムーズ

4. 当日デバン

5. 当日トラックにて出荷

 

「早い」「安い」「安心」がそろっていました。

 

前置きが長くなりましたが、

今回は発電機など重量物を 「デバン」 する方法です。

 

発電機が、コンテナに入っているじょうたいです。
発電機が、コンテナに入っているじょうたいです。

発電機の重さは5トン。

 

フォークリフトでとにかく、引っ張りだします。
フォークリフトでとにかく、引っ張りだします。

この発電機 KGD500 の高さは 「H : 2200 mm」 なので、20フィートコンテナにはいります。

京和物産の物流経験があるからこそ、この高さで設計をしています。

→輸送コストダウンができることで、品質の高いエンジン・ジェネレータ・計装機器を選定することができています。

 

9割程度、発電機が出てきたところでストップします
9割程度、発電機が出てきたところでストップします

ここまで発電機が出てくれば、もう少しで取り出せます。

 

フォークリフトを横からすくい上げます
フォークリフトを横からすくい上げます

港のフォークリフトの爪は、横方向にもスライドさせることができるのです。

発電機の横から、すくい上げながら、手前方向にスライドさせると、

ようやく発電機がとりだせます。

 

作業にかかった時間は「15分ほど」です。とても作業が早い、しかも丁寧です。

次回は、「新潟港」にしよう、それともか「横浜港」にしようか、悩みますね。。

 

今回のデバン作業をしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

 

さて、これから納品、そして立ち合い検査に行ってまいります。。

 

 

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

 * インターネットからのお問い合わせは こちら から

 

 

プロパン発電機 祝1号機を納品しました。

ENEPRO エネプロ 発電機で実負荷運転中です。
ENEPRO エネプロ 発電機で実負荷運転中です。

本日は、小型プロパンガス発電機 「エネプロ (ENEPRO)」 の納品立ち合いに来ております。

茨城県にあるとても有名なデンタルクリニックなのですが、駐車場が満車の状態でして診察中のお客様に迷惑が掛からないように、作業を開始しました。

 

 

発電機の上部にあるフタを取り外すと、ヴァンガードエンジンがでてきます。
発電機の上部にあるフタを取り外すと、ヴァンガードエンジンがでてきます。

まずは、エンジンオイルを入れていきます。

お届けした時は、エンジンオイルは空っぽの状態ですので、

エンジンオイル 10W – 30 を 1.4 Litter 入れていきます。

入れる口は、シリンダー上部に黄色の給油口がありますのですぐに分かります。

 

ゲージを確認すると、ちょうど 「FULL」 の所までオイルが入っていることが確認できます。

 

テスターを当てて、電圧チェックをします。
テスターを当てて、電圧チェックをします。

エンジンの始動から発電までを、簡単に書きますと、

1. プロパンガスボンベから出ているガスホースを発電機につなぎます。この時、発電機とプロパンガスボンベを2メートル以上離してください。

2. クルマのエンジンをかけるように、エンジンキーを少し長めに (約10秒間) 回します。

3. エンジンがかかった後、ブレーカーを上にあげます。

4. メーターの針が 「200 V」 を指したことが確認できれば、すぐに使えます。

 

なぜ、「200 V ??」 と思われた方がいると思いますが、この発電では 200 V の電気機器にも対応しているのです。

うちは 100 V だけなのでと思われている方も、もう一度家の中を確認してみてください。

 

『大型のエアコン』 がリビングに御座いませんか?

 

おおよその、ご家庭の大型のエアコンは、『200 V』 のことが多いのです。

この発電機で、停電の時に大型エアコンがつかえますよ (お買い得!)

 

さて、負荷テストの最終段階、、

『すべての電化製品を”スイッチON”にしてみましょう。』

エアコン x 2台、冷蔵庫、全部の照明、給湯器をつないでいきましたが、

問題なくすべて使用できました。

よかったです。。

 

一番すごいのは、負荷によるエンジン出力の変動がとても少ないことです。

さすが、病院での実績もあるとても高品質の発電機です。

 

 

ご不明な点、こんなことが知りたいという方は、お気軽にご連絡ください。

 

 

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは こちら から

 

 

 

キュービクル、全部集合。

60 kVA キュービクル を大阪南港に集めてみました。
60 kVA キュービクル を大阪南港に集めてみました。

コロナに負けず、お仕事頑張っていきましょう!

本日は、大阪南港にやってきました。

ここからは、今まで何台もの発電機を海外へ輸出してきた場所なんです。

今回は、日本全国 『北海道、福島県、大阪府、福岡県』 から、キュービクル x 111台 を大阪南港に集めてみる、壮大なプロジェクトをして参りました。。

今までの輸出経験 [国際契約、現場撤去工事、国内重量物運送、輸出通関、コンテナバンニング、海上輸出] が豊富にある京和物産だからこそ、お任せあれですね。

北海道・苫小牧港より、お取り寄せしました。
北海道・苫小牧港より、お取り寄せしました。

まだまだ、北海道は肌寒いです。

仕事ではなかったら、釧路・知床・小樽・函館方面に行って、北海道グルメを堪能したいところです。。

さて気を取り直して、キュービクルの中には、通常の愛知電機製や日東電工製や河村電機製のもの以外に、三菱電機製のものが含まれていました。

フォークリフトとユニック車を使って、積み込みして頂きました。

しっかりとラッシングベルトで荷締めして、苫小牧港 → 大阪南港まで4日間の船旅です。

また海鮮丼を食べに来るぞー、HOKKAIDO。。

福岡県・新門司港より、お取り寄せ中です。
福岡県・新門司港より、お取り寄せ中です。

博多ラーメンを食べたくなって、やって参りました。

先日、ダイハツ6DK36を輸出した箱崎ふ頭の南側にある、「東浜地区」にて積み込み作業をします。

天井クレーンを使って、丁寧に積込みします。
天井クレーンを使って、丁寧に積込みします。

天井クレーンがあると作業が早いです。

今回のキュービクルは、吊フックの位置が天井部と底面部の2タイプのものがありました。

この間のダイハツエンジン @60トン x 2台 に比べれば、作業は大変スムーズですね。。

それに、今回は輸出審査もありませんし。。

さて、新門司港まで陸送して、大阪南港までフェリー x 1日間 のプチ旅行に行ってらっしゃい。。

大阪南港で10トン車へ、積み替え作業中。。
大阪南港で10トン車へ、積み替え作業中。。

大阪南港では、積み替えの作業をします。

やはり輸出の時もそうでしたが、海の男の皆様は仕事がはやいの早いの、、

10トントラック1台当たり、たった30分ほどで積み替え作業完了してしまいました。

あっぱれです!

大阪府と福島県からは、陸送してきました。
大阪府と福島県からは、陸送してきました。

今回使用した車両などは、、

・20トン・トレーラー x 2台

・10トン トラック x 7台

・商船フェリー x 2船

・ユニック車 x 1台

・フォークリフト x 5台

・天井クレーン x 2台

・レッカー x 1台

でした。

今回も現場で作業してくださったみな皆様、本当に本当にありがとうございました。

皆様のおかげで、このビッグプロジェクトを無事に完了することができました。

京和物産では、海外輸出だけでなく、「日本国内の安全輸送」も手掛けていますので、是非ご相談くださいね。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

はたらくくるま特集です。

 LIEBHERR製 250ton オールテレーンクレーン LTM1250NX
LIEBHERR製 250ton オールテレーンクレーン LTM1250NX

今回は、ひこにやんのおひざ元、彦根に行ってやってきました。

この工事現場では、なかなか見ることができない「はたらくくるま」が登場しますよ。

1番目は、 「250トン オールテレーン クレーン 車」です。

この状態では、一般公道を走ることができませんので、クルマ部分・クレーンアーム部分・ウエイト部分の3つに分解することができますので、それぞれのパーツをプラモデルのように、現場で組み立てていきます。

組み立ての時間は、およそ3時間ほどかかりますので、午前5時から組み立てを行っていきました。

100トンクラスを超えると、組み立て作業が発生してしまうために、80トン以下のクレーン車に比べてレンタカー費用がかなり高額になってしまいます です。

とはいえ、、とことん安全には配慮をということで、作業を開始します。

日立製 発電機 JP-800, 1044 kVA, 6600 VAC, 60 Hz
日立製 発電機 JP-800, 1044 kVA, 6600 VAC, 60 Hz x 4台

JP-800 x 4台 を順番に吊り上げていきます。

クレーン車から発電機までの距離が20メートル弱ありますが、クレーン車が大きい分、まだまだ余裕さえ感じられましたよ。

工事計画当初は、手前までコロ引きしてから、80トン レッカーで吊り上げしようと考えていたのですが、お客様からの『安全第一』の熱い声援がありまして、このプランに変更しました。。

低床マルチトレーラー x 4台

2番目は、超低床マルチトレーラーです。

何がすごいのかと言いますと・・・

・荷台の3列あるそれぞれのタイヤが運転席のハンドル操作と連動して曲がります。狭い路地でも、後輪が曲がってくれますので、スイスイ通り抜けすることができます。

・荷台の高さが調整できます。昇降高さは、30~60cmに変更することができますので、背の高い貨物も積載することができます。

・荷台の長さが19メートルまで伸ばすことができます。長尺の貨物も対応できます。

・価格は、土地付き一戸建てが買えてしまうくらいだったそうですが、現在は製造してくれるメーカーが限られるため、もっと高くなっているそうです。。

40ft Flat Rack Container x 4 CNTR
40ft Flat Rack Container x 4 CNTR

そしてそして、3番目は、40フィートフラットラックコンテナ x 4台。。

しかも、「フルボイド (Full Void)」にて、輸出してみました。。

現場工事をして下さった皆々様、トラック輸送をして下さったドライバー方々、そしてコンテナ養生・バン詰め・通関をして下さった皆様方々、、

今回も無事に終えることができまして、大変に感謝&感謝しております。

本当にお疲れさまでした&ありがとうございました。

さて、、かなりの工事・運搬コストになりそうですので、、、

今回もワタクシノオキュウリョウハ・・・オアヅケニナリソウデス(汗)

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

地下1階にある明電舎製 発電機を搬出してみました。

明電舎 発電機 M312HC, 200 kVA, 6600 V
明電舎 発電機 M312HC, 200 kVA, 6600 V

今日は、いつも輸出でお世話になっています、タックスオフィス (Tax Office) に行ってまいりました。

地下には、”埋蔵金”がいっぱいあるのか期待していきましたが、、

見つけたのは、発電機室・電気設備・上下水ポンプ設備などなど、ほかの現場でもよく見る光景でした。。少し、トーンダウン(;^_^A

さて、気分を入れ替えて、、お仕事開始。

地下1階の発電機を電動チルローラーで、排気口までコロ引き
地下1階の発電機を電動チルローラーで、排気口までコロ引き

地下1階に設置してある、発電機を排気口まで移動して、そこから地上で待機中のレッカー車で吊り上げてもらいます。

重量3トンほどでしたので、いつもよりスムーズにコロ引きできます。

しかも、今回は ”電動チルローラー” を用意しましたので、人力よりも移動が速いの早いの。。。さすが60万円、、いい仕事をしてくれますね。。

16トン レッカーで吊り上げ、2トン トラックの荷台に積み込み
16トン レッカーで吊り上げ、2トン トラックの荷台に積み込み

あとは、16トン レッカーで吊り上げて→3トン発電機を→、2トン トラックに積み込みして完了です・・・!?

”2トン トラック” に、”3トン 発電機” を積み込みって??

10トン ショートトラックに、積み替えして無事に出荷します

『安心してください~。。』

先ほどの現場では、10トン ショートトラックでも入っていけなかったため、

敷地内の安全な場所まで、2トン トラックでコロ引きをしてみました。。

そして、この10トン トラックのユニックで、発電機を積み替えして、

無事に本日の作業が、終了となりました。

本日、作業をして頂きました皆様、ほんとうに感謝&感謝です。

大変にお疲れさまでした。

京和物産では、全メーカーの発電機と、さまざまな現場の経験を積んでおりますので、

発電機や機械設備の工事でお困りになっていることが御座いましたら、お気軽にご相談ください。

お客様のニーズにマッチしたソリューションをお届けさせて頂きます。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

.

40フィート・20フィート・フラットラックはじめました~♪

40ft & 20ft Flat Rack Container
40ft & 20 ft Flat Rack コンテナ @博多港

さて、今年は暖かい日が続いていますね。

現場仕事には、かなり助かっておりますが、、

本日は、フラットラックコンテナに発電機のバンニングです。

手前にある発電機は、あと10cm短ければ、20フィートフラットコンテナに積載できたのですが、発電機の壁を切断するわけにもいかずに・・・

なんとか、社長から40フィートで積みOKもらいましたので、、、

豪華に40フィートをオーダーしてみました。(運賃は、20フィートのほぼ数倍でして。。(汗)。。

ヤンマー発電機 DEG 1147 kW & DEG754kW
ヤンマー発電機DEG 1147 kWヤンマー発電機

こちらのヤンマー発電機なのですが、、

2回目のプロポーズでやっと購入ができたのです。。

1回目の出会いは、兵庫県で

2回目は、佐賀県でs

なんだか、ロマンチックな出会いでした。(号泣泣)。

そして、そして、、

3回目の嫁ぎ先は、ベトナム国へ行ってまいります!

運転時間計も、+5000時間 (2100時間 → 7400時間) 程度しか使用しておらず、まだまだ現役で使えますね。。

さて、いい仕事したあとは、やっぱりお腹がすきます。。

行きつけの博多ラーメンやさん経由、帰ることにシマショウ (笑)

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

工進製 ハイデルスポンプを輸出しました。

工進製 ハイデルスポンプ SEV-50X
ハイデルスポンプHIDELS Pump SEV-50X

クリスマスシーズンの真っただ中ですね。

子供のころなんかは、今年はサンタクロースから、何のクリスマスプレゼントがもらえるかとてもたのしみでしたね。。

今頃、子供たちにおもちゃやお菓子を袋詰めしているころでしょう。。。

そんなことを考えながらも・・・

輸出梱包に追われている、、ワタクシですが、

ドバイさんから、

『 ポンプが欲しい』

とお手紙が届きましたので、

日本の高スペック・ハイクオリティ・安心のMADE IN JAPAN なものを、お届けしてまいりました。

昔から、ご愛用頂いているようで、

当時は、ロビン富士重工業 (スバル) 製 ディーゼルエンジンが搭載されていたのですが、

時代の流れでしょうか、

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

協和製作所製 モータープーリーのリピートオーダー

Kyowa Manufacturing Model : KMP-A103-4C-215-380-36AYS
KyowaKMP-A103-4C-215-380-36AYS

先月に続き、2回目のリピートオーダーを頂きましたー。。謝謝(汗)

ドラム缶みたいな形をしていますが、

なんと、『 重量が40kgオーバー 』の重量級なのです。

おそらく、中身は銅の巻き線がグルグル・・・になっていて、

中央のシャフト部分を中心に、表面のドラム部分が回転するんですね。

しかし、あまりの重さのせいで、ワタクシノ腰ニ「ピキット」キテシマイマシタ。。もう若くないと痛感してしまいました。

こういった部品で大切な部分が、説明書に記載がない部分。

シャフトの上側取付箇所 (Upper Side of Shaft Position)
シャフトの上側取付箇所 (Upper Side of Shaft Position)

こういった部品で大切な部分が、説明書に記載がない部分。

日本人なら漢字は読めますが、外国の方で読める方はおそらく多くはないでしょう。

こういった小さな心遣いが、リピートオーダーにつながるのですね。

今回のモータープーリーは (写真のもの) は、電圧 : 440 VAC の特注仕様になります。

もちろん、異電圧も製作しておりますので、お気軽にご相談ください。

さて、輸出梱包して、DHL で輸出準備を進めましょう。。

カタールさん、3回目の ORDER おまちしていますよー。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

日立製 四重冷間圧延設備を輸出しました。第二段

630 / 155φ x 700 / 760 L 四重冷間圧延設備 (4HI CRM)
630 / 155φ x 700 / 760 L 四重冷間圧延設備 (4HI CRM)

すっかり、暑さも和らぎ、、秋になりましたね。。

実りの秋と言えば、『福島県』。

お米も、桃も、ご当地のおいしいものを頂くのも、出張の醍醐味ですよねっ。

さて、今回は 『 四重冷間圧延設備 』 の 撤去・運搬・輸出・L/C 銀行買取 にチャレンジしてまいりました。

一番先に目についたのは、

『 年式 : 昭和44年製造  』

なんと、私より10年以上も先輩な機械ではありませんか。。

いつも仕事していて感じるのは、

日本で製造した、古い機械設備は、とてもとても丈夫で、長持ちするんのですよね。。

昔の人の、経験、ノウハウ、技というのは、とてもすばらしいです。

さて、写真のハウジングですが、重量 : 21 ton もあるのですが、まだまだ軽いほうです。

21 ton ハウジングを安全に移動中 (4HI CRM)
21 ton ハウジングを安全に移動中 (4HI CRM)

安全に配慮しながら、建物の外へ移動し、レッカーで吊り上げられる場所に仮置きします。

12 ton テンションリール x 2 sets 安全に積み込み中 (4HI CRM)
12 ton テンションリール x 2 sets 安全に積み込み中 (4HI CRM)

15 増 ton トラックに乗れば、通常のトラック運賃で済むのですが、、

特殊トレーラーに積み込み中

特殊トレーラーになると、運賃3倍くらいに跳ね上がります。。

お財布にはかなり響いてしまうのですが、敷地内で夜になるまで待機した後、夜になってから出発していきました。

トラックの運転手さん、横浜までご安全に、、そしていつもありがとう。

20 FR フラットラックコンテナに、ハウジングを積み込み中 (4HI CRM)
20 FR フラットラックコンテナに、ハウジングを積み込み中 (4HI CRM)

私の仕事はまだまだ続きます。。

今回は、ドライコンテナに入らない貨物が 『3点』 もあり、横浜港 保税倉庫 にて、船会社様との出荷前の立会いと製品説明をします。。

40 FR フラットラックコンテナに、テンションリールを積み込み中 (4HI CRM)
40 FR フラットラックコンテナに、テンションリールを積み込み中 (4HI CRM)

このように大きな設備のときの質問事項の中で、回答するのにひと苦労な質問は、

質問者 : 『 こちらにある機械は、どんなところに使用されるものですか? 』

という質問です。

この設備全体としては、板材を薄くしていくために、圧力をかけながら (圧下)、少しずつ延ばしていき、最後はトイレットペーパーのように 『ロール巻き』 にできる機械設備なのですが、、

一つ一つの機械・機器を、細かく説明するのは、知識・経験が必要になる事です。

京和物産株式会社では、豊富な知識・経験をもっていますので、親切・丁寧に回答することができることが強みです。

さて、長い文章になってしまいましたが、今回も L/C 案件です。

船積書類と必要書類を集め、これから銀行へ行ってまいります。

輸出でお困りのことや、ご相談されたいことが御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

三菱製 圧延機を輸出しました。第一弾

4段圧延機のアッパー・ハウジング (4 HI SC Mill)
4段圧延機のアッパー・ハウジング (4 HI SC Mill)

7月の暑い中の作業。

海辺に半年間保管されていていましたが、潮風の影響が少なく、とてもきれいでした。

写真のアッパー・ハウジングですが、これだけで「 15,000 kg = 15 トン 」もあり、レッカー車の据付位置から20メートルくらい距離があったため、100トンレッカーを呼んできました。

大変な出費です。。。(汗)

このほかにも、

ボトム・ハウジング、主ギアボックス、テンションリール、ワークロール、ピンチロール、ファーナンスコイラー、スタンドデフロール、油圧装置、オイルポンプ、オイルクーラー、ガイド、冷却タンク、バックアップロール、スピンドル、主モーター、制御盤などなど

総重量120,000kg = 120トンあまりにも及びました。

アッパーハウジングをコンテナにバンニングします
アッパーハウジングをコンテナにバンニングします

今回は、重量物が多くあったため、横浜港でコンテナバンニングを行うことにしました。

これだけの重量でしたので、10トントラック x 16 台 も必要になりました。

大変な出費です。。。(汗 x 2)

さて、横浜港では、いつもお願いしているバン詰め会社さんへ

「京和さんの貨物は、いつも重たいねー。でも、任せといて。」

社長さんは、気前よく、いつも親切、作業は丁寧なんです。

コンテナ本数ですが、当初は10本くらいになるかもしれないとのことでしたが、計8本分に詰め込んで頂けました。

さすが、プロですね。。

この圧延機を作業して頂いた、皆々様のおかげで、無事に輸出することができました。

ベトさん、もう少しで貨物が届きますので、今しばらくお待ちくださいね。。

そういえば、今回は「LC案件」です。

オリジナルB/L 発行されたら、三菱銀行さんに船積書類を一式持ち込まなくては。。

まだまだ一息付けないのですが、もうひと踏ん張り頑張ります!

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から