地下1階にある明電舎製 発電機を搬出してみました。

明電舎 発電機 M312HC, 200 kVA, 6600 V
明電舎 発電機 M312HC, 200 kVA, 6600 V

今日は、いつも輸出でお世話になっています、タックスオフィス (Tax Office) に行ってまいりました。

地下には、”埋蔵金”がいっぱいあるのか期待していきましたが、、

見つけたのは、発電機室・電気設備・上下水ポンプ設備などなど、ほかの現場でもよく見る光景でした。。少し、トーンダウン(;^_^A

さて、気分を入れ替えて、、お仕事開始。

地下1階の発電機を電動チルローラーで、排気口までコロ引き
地下1階の発電機を電動チルローラーで、排気口までコロ引き

地下1階に設置してある、発電機を排気口まで移動して、そこから地上で待機中のレッカー車で吊り上げてもらいます。

重量3トンほどでしたので、いつもよりスムーズにコロ引きできます。

しかも、今回は ”電動チルローラー” を用意しましたので、人力よりも移動が速いの早いの。。。さすが60万円、、いい仕事をしてくれますね。。

16トン レッカーで吊り上げ、2トン トラックの荷台に積み込み
16トン レッカーで吊り上げ、2トン トラックの荷台に積み込み

あとは、16トン レッカーで吊り上げて→3トン発電機を→、2トン トラックに積み込みして完了です・・・!?

”2トン トラック” に、”3トン 発電機” を積み込みって??

10トン ショートトラックに、積み替えして無事に出荷します

『安心してください~。。』

先ほどの現場では、10トン ショートトラックでも入っていけなかったため、

敷地内の安全な場所まで、2トン トラックでコロ引きをしてみました。。

そして、この10トン トラックのユニックで、発電機を積み替えして、

無事に本日の作業が、終了となりました。

本日、作業をして頂きました皆様、ほんとうに感謝&感謝です。

大変にお疲れさまでした。

京和物産では、全メーカーの発電機と、さまざまな現場の経験を積んでおりますので、

発電機や機械設備の工事でお困りになっていることが御座いましたら、お気軽にご相談ください。

お客様のニーズにマッチしたソリューションをお届けさせて頂きます。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

.

40フィート・20フィート・フラットラックはじめました~♪

40ft & 20ft Flat Rack Container
40ft & 20 ft Flat Rack コンテナ @博多港

さて、今年は暖かい日が続いていますね。

現場仕事には、かなり助かっておりますが、、

本日は、フラットラックコンテナに発電機のバンニングです。

手前にある発電機は、あと10cm短ければ、20フィートフラットコンテナに積載できたのですが、発電機の壁を切断するわけにもいかずに・・・

なんとか、社長から40フィートで積みOKもらいましたので、、、

豪華に40フィートをオーダーしてみました。(運賃は、20フィートのほぼ数倍でして。。(汗)。。

ヤンマー発電機 DEG 1147 kW & DEG754kW
ヤンマー発電機DEG 1147 kWヤンマー発電機

こちらのヤンマー発電機なのですが、、

2回目のプロポーズでやっと購入ができたのです。。

1回目の出会いは、兵庫県で

2回目は、佐賀県でs

なんだか、ロマンチックな出会いでした。(号泣泣)。

そして、そして、、

3回目の嫁ぎ先は、ベトナム国へ行ってまいります!

運転時間計も、+5000時間 (2100時間 → 7400時間) 程度しか使用しておらず、まだまだ現役で使えますね。。

さて、いい仕事したあとは、やっぱりお腹がすきます。。

行きつけの博多ラーメンやさん経由、帰ることにシマショウ (笑)

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

工進製 ハイデルスポンプを輸出しました。

工進製 ハイデルスポンプ SEV-50X
ハイデルスポンプHIDELS Pump SEV-50X

クリスマスシーズンの真っただ中ですね。

子供のころなんかは、今年はサンタクロースから、何のクリスマスプレゼントがもらえるかとてもたのしみでしたね。。

今頃、子供たちにおもちゃやお菓子を袋詰めしているころでしょう。。。

そんなことを考えながらも・・・

輸出梱包に追われている、、ワタクシですが、

ドバイさんから、

『 ポンプが欲しい』

とお手紙が届きましたので、

日本の高スペック・ハイクオリティ・安心のMADE IN JAPAN なものを、お届けしてまいりました。

昔から、ご愛用頂いているようで、

当時は、ロビン富士重工業 (スバル) 製 ディーゼルエンジンが搭載されていたのですが、

時代の流れでしょうか、

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

協和製作所製 モータープーリーのリピートオーダー

Kyowa Manufacturing Model : KMP-A103-4C-215-380-36AYS
KyowaKMP-A103-4C-215-380-36AYS

先月に続き、2回目のリピートオーダーを頂きましたー。。謝謝(汗)

ドラム缶みたいな形をしていますが、

なんと、『 重量が40kgオーバー 』の重量級なのです。

おそらく、中身は銅の巻き線がグルグル・・・になっていて、

中央のシャフト部分を中心に、表面のドラム部分が回転するんですね。

しかし、あまりの重さのせいで、ワタクシノ腰ニ「ピキット」キテシマイマシタ。。もう若くないと痛感してしまいました。

こういった部品で大切な部分が、説明書に記載がない部分。

シャフトの上側取付箇所 (Upper Side of Shaft Position)
シャフトの上側取付箇所 (Upper Side of Shaft Position)

こういった部品で大切な部分が、説明書に記載がない部分。

日本人なら漢字は読めますが、外国の方で読める方はおそらく多くはないでしょう。

こういった小さな心遣いが、リピートオーダーにつながるのですね。

今回のモータープーリーは (写真のもの) は、電圧 : 440 VAC の特注仕様になります。

もちろん、異電圧も製作しておりますので、お気軽にご相談ください。

さて、輸出梱包して、DHL で輸出準備を進めましょう。。

カタールさん、3回目の ORDER おまちしていますよー。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

日立製 四重冷間圧延設備を輸出しました。第二段

630 / 155φ x 700 / 760 L 四重冷間圧延設備 (4HI CRM)
630 / 155φ x 700 / 760 L 四重冷間圧延設備 (4HI CRM)

すっかり、暑さも和らぎ、、秋になりましたね。。

実りの秋と言えば、『福島県』。

お米も、桃も、ご当地のおいしいものを頂くのも、出張の醍醐味ですよねっ。

さて、今回は 『 四重冷間圧延設備 』 の 撤去・運搬・輸出・L/C 銀行買取 にチャレンジしてまいりました。

一番先に目についたのは、

『 年式 : 昭和44年製造  』

なんと、私より10年以上も先輩な機械ではありませんか。。

いつも仕事していて感じるのは、

日本で製造した、古い機械設備は、とてもとても丈夫で、長持ちするんのですよね。。

昔の人の、経験、ノウハウ、技というのは、とてもすばらしいです。

さて、写真のハウジングですが、重量 : 21 ton もあるのですが、まだまだ軽いほうです。

21 ton ハウジングを安全に移動中 (4HI CRM)
21 ton ハウジングを安全に移動中 (4HI CRM)

安全に配慮しながら、建物の外へ移動し、レッカーで吊り上げられる場所に仮置きします。

12 ton テンションリール x 2 sets 安全に積み込み中 (4HI CRM)
12 ton テンションリール x 2 sets 安全に積み込み中 (4HI CRM)

15 増 ton トラックに乗れば、通常のトラック運賃で済むのですが、、

特殊トレーラーに積み込み中

特殊トレーラーになると、運賃3倍くらいに跳ね上がります。。

お財布にはかなり響いてしまうのですが、敷地内で夜になるまで待機した後、夜になってから出発していきました。

トラックの運転手さん、横浜までご安全に、、そしていつもありがとう。

20 FR フラットラックコンテナに、ハウジングを積み込み中 (4HI CRM)
20 FR フラットラックコンテナに、ハウジングを積み込み中 (4HI CRM)

私の仕事はまだまだ続きます。。

今回は、ドライコンテナに入らない貨物が 『3点』 もあり、横浜港 保税倉庫 にて、船会社様との出荷前の立会いと製品説明をします。。

40 FR フラットラックコンテナに、テンションリールを積み込み中 (4HI CRM)
40 FR フラットラックコンテナに、テンションリールを積み込み中 (4HI CRM)

このように大きな設備のときの質問事項の中で、回答するのにひと苦労な質問は、

質問者 : 『 こちらにある機械は、どんなところに使用されるものですか? 』

という質問です。

この設備全体としては、板材を薄くしていくために、圧力をかけながら (圧下)、少しずつ延ばしていき、最後はトイレットペーパーのように 『ロール巻き』 にできる機械設備なのですが、、

一つ一つの機械・機器を、細かく説明するのは、知識・経験が必要になる事です。

京和物産株式会社では、豊富な知識・経験をもっていますので、親切・丁寧に回答することができることが強みです。

さて、長い文章になってしまいましたが、今回も L/C 案件です。

船積書類と必要書類を集め、これから銀行へ行ってまいります。

輸出でお困りのことや、ご相談されたいことが御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

三菱製 圧延機を輸出しました。第一弾

4段圧延機のアッパー・ハウジング (4 HI SC Mill)
4段圧延機のアッパー・ハウジング (4 HI SC Mill)

7月の暑い中の作業。

海辺に半年間保管されていていましたが、潮風の影響が少なく、とてもきれいでした。

写真のアッパー・ハウジングですが、これだけで「 15,000 kg = 15 トン 」もあり、レッカー車の据付位置から20メートルくらい距離があったため、100トンレッカーを呼んできました。

大変な出費です。。。(汗)

このほかにも、

ボトム・ハウジング、主ギアボックス、テンションリール、ワークロール、ピンチロール、ファーナンスコイラー、スタンドデフロール、油圧装置、オイルポンプ、オイルクーラー、ガイド、冷却タンク、バックアップロール、スピンドル、主モーター、制御盤などなど

総重量120,000kg = 120トンあまりにも及びました。

アッパーハウジングをコンテナにバンニングします
アッパーハウジングをコンテナにバンニングします

今回は、重量物が多くあったため、横浜港でコンテナバンニングを行うことにしました。

これだけの重量でしたので、10トントラック x 16 台 も必要になりました。

大変な出費です。。。(汗 x 2)

さて、横浜港では、いつもお願いしているバン詰め会社さんへ

「京和さんの貨物は、いつも重たいねー。でも、任せといて。」

社長さんは、気前よく、いつも親切、作業は丁寧なんです。

コンテナ本数ですが、当初は10本くらいになるかもしれないとのことでしたが、計8本分に詰め込んで頂けました。

さすが、プロですね。。

この圧延機を作業して頂いた、皆々様のおかげで、無事に輸出することができました。

ベトさん、もう少しで貨物が届きますので、今しばらくお待ちくださいね。。

そういえば、今回は「LC案件」です。

オリジナルB/L 発行されたら、三菱銀行さんに船積書類を一式持ち込まなくては。。

まだまだ一息付けないのですが、もうひと踏ん張り頑張ります!

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

ダイハツ 発電機を2台輸出しました。

ダイハツ エンジン 6DK-36, 西芝発電機 2750 kW 3300 VAC 3相 600 rpm 60 Hz
ダイハツ エンジン 6DK-36,
西芝発電機 2750 kW 3300 VAC 3相 600 rpm 60 Hz

『博多ラーメン & うどん』は、とてもおいしいですねっ。

この案件で、計5回ほど、現場に行ってまいりました。もちろん、LCC を利用させて頂きました。。

弊社では、さまざまな発電機の

『 買取 ~ 撤去工事 ~ 輸出 』 

を一貫して行ってまいりましたが、

今回は、今までで一番大きな発電機にチャレンジしてまいりました。

この一枚の写真で、お分かりになる方はプロフェッショナルです。

そう、船を 『 セミチャーター 』 しております。

乗船賃だけでも、ビッグな価格です・・・ (冷や汗がでるくらいです。。)

写真のエンジンは、ダイハツ 6DK-36 ですが、

” 重量 57 ton ”  と、船のデリッククレーン x 2 基 でギリギリ吊り上げられました。

さらに、船の船側まで、すべての貨物を運んで来なければいけないとのことで、一番重たいエンジンを運んで降ろすために急遽用意したのが、

『 300ton級レッカー。。』

タイヤが、「計12輪」もついていて、人生で初めて見ることに成功しました (!?)。。。

Kato 300 ton レッカーで、エンジンを荷下ろし
300 ton レッカーで、エンジンを荷下ろし

ここまで大きい発電機設備となりますと、このエンジン以外にも、

発電機 (23 ton)、ベース (10 ton)、サイレンサー、冷却塔、吸収式冷凍機、潤滑油タンク、温水ボイラー、排ガスボイラー、ファン、コンプレッサー、オイルフィルター、冷水ポンプ、潤滑油ポンプ、熱交換器、バルブ・パイプ類などなど

合計300トン もの物量になりました。。

本件、なんと言いましても、お客様、売主様、現場作業の皆々様、船積前の検査員様、乙仲様、船会社様、フィリピン大使館様の協力してくださいました皆様のおかげで、無事に完了することができました。

ほんとうに、ほんとうに、感謝&感謝いっぱいで御座います。

皆様ありがとうございました。

この経験を活かしまして、、

また大きな発電機・・・取り組んでいきたいと思っております!

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325 

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

新品発電機を納品しました。

新品発電機  450 / 500 kVA を納品しました。G&C KYOWA 製造。
型式 : KGD-500, 発電機 : S4L1D-G41 (Stanford, UK), エンジン : DC13-072A (Scania, Sweden), 制御器 : DSE 8610 MKII (Deep Sea Electronics, USA)
新品発電機  450 / 500 kVA (50 / 60 Hz 兼用) を納品しました。

ぐんまさんへ、新品発電機を納品しました。

冷凍設備があるため、もしも夏場に停電なんて発生してしまったら、一日で何億円も損失がでてしまいます。

夏場だけの 『仮設用として仮置き』 をしております。

昨今の夏場 (5月末 ~ 10月上旬の5か月間) の猛暑は、かなりの異常気象と言えるくらいの危険レベルです。やはり、地球温暖化が影響しているのかもしれませんね・・・。

やはり、大規模な損失が出てしまってからでは、とても悲しいですね。

この発電機は、緊急時に電力が必要な場所まで、すぐに移動させることができますので、とても重宝されますね。。

エンジンは 『スウェーデンの スカニア (SCANIA)』、

発電機は 『イギリスの スタンフォード (STAMFORD)』、

制御器は 『アメリカの ディープシーエレクトリック (DEEP SEA ELECTRONICS)』

機械・電気に詳しい方は、お分かり頂けると思いますが、すべて世界の一流メーカー品を採用しております。

スカニアといえば、最近ではトレーラーでよく見かけるとおもいます。

やはり、世界でトップシェアを誇っているエンジンメーカーですね。

エンジンのトルクが太いので、負荷を入れても、エンジンの回転数や音の変化がかなり小さく、まだまだ余裕がある感じがしました。

是非、実機を見学してみたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声がけください。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

 

発電機の横引き作業をしました。

Yanmar 620kVA M200AL-EN 11000kg
Yanmar 620kVA M200AL-EN 11000kg

東京から、クルマで走ること12時間・・・ (もちろん、途中で休憩をはさんでいます (汗))

本日は、発電機の横引き作業を勉強してまいりました。

ヤンマーのエンジンは、基本設計が船舶用なものでして、たいへんに大きくて・重く、とても頑丈にできています。

船の航海中に、エンジントラブルになってしまっては、命の危険がありますから、ヤンマーのエンジンはとてもポピュラーなのはこの理由があるんですね。

さて、総重量は 11,000 kg (= 11トン) 。

写真の手前 (赤枠) から、横方向へ  (奥へ) 移動させたところの写真です。

見えにくいですが、写真の一番奥にある20トンの発電機に、ワイヤーとホイストを取り付けて、手作業で移動させています。

ほぼ、綱引きをしている感じです。

重量物の移動ででお困りの方がいらっしゃいましたら、お気がるにご相談ください。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

GPC製 ラジエータを納品しました。

Radiator (GRAD180TI) of Doosan AD180TI タイタニック号 新日本海フェリー すずらん
GPC製 ラジエータ (GRAD180TI)

日本のフェリー様より緊急依頼がありました、ラジエータの納品をして参りました。

設計確認 ~ 製造 ~ 輸出 ~ 梱包船積 ~ 日本へ入港までは、とても順調だったのですが、日本での通関で少し時間がかかりました。。

それは、近年増加している ゴールドの密輸入 が影響しているようでして、

税関にて、 X線検査や使用用途、さらには、このラジエータの説明書、ラジエータの内部に入っているもの 等々の質問が出てきたりと、とても&とても 苦労致しました。。

さて、話は変わりますが、

この空冷式ラジエータなのですが、

フェリーに搭載されている発電機の中でも、一番重要な発電機に取り付けられています。

それは、万が一の船が沈没となってしまう際に、最後の最後まで船の照明・誘導灯を点灯させます。(映画にもなりましたね。。)

そう、『非常用発電機 (Emergency Generator)』に取り付けられているからです。

法令で定められた点検はされていましたが、

普段は、使用されない発電機 の為、塩害による劣化が少しずつ起きてしまっていたようです。

身近な例ですと、

沿岸に数か月~数年ほどクルマを駐車したままにすると、バッテリーは上がってしまい、ゴムは劣化して、サビがあちらこちらに出てしまい、エンジンはかからなくなってしまいます。

発電機も、クルマと同様に、普段からエンジンをかけてあげてほしいです。

そして一番大切なのは、

・ クルマであれば、人や荷物を載せて走ること

・ 発電機であれば、実際に電力の負荷をいれてあげること

寿命を維持してあげるために、管理されている方とのご相談のもと、みなさんもぜひ試してみてくださいね。。

フェリー様、お困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から