新品発電機を納品しました。

新品発電機  450 / 500 kVA を納品しました。G&C KYOWA 製造。
型式 : KGD-500, 発電機 : S4L1D-G41 (Stanford, UK), エンジン : DC13-072A (Scania, Sweden), 制御器 : DSE 8610 MKII (Deep Sea Electronics, USA)
新品発電機  450 / 500 kVA (50 / 60 Hz 兼用) を納品しました。

ぐんまさんへ、新品発電機を納品しました。

冷凍設備があるため、もしも夏場に停電なんて発生してしまったら、一日で何億円も損失がでてしまいます。

夏場だけの 『仮設用として仮置き』 をしております。

昨今の夏場 (5月末 ~ 10月上旬の5か月間) の猛暑は、かなりの異常気象と言えるくらいの危険レベルです。やはり、地球温暖化が影響しているのかもしれませんね・・・。

やはり、大規模な損失が出てしまってからでは、とても悲しいですね。

この発電機は、緊急時に電力が必要な場所まで、すぐに移動させることができますので、とても重宝されますね。。

エンジンは 『スウェーデンの スカニア (SCANIA)』、

発電機は 『イギリスの スタンフォード (STAMFORD)』、

制御器は 『アメリカの ディープシーエレクトリック (DEEP SEA ELECTRONICS)』

機械・電気に詳しい方は、お分かり頂けると思いますが、すべて世界の一流メーカー品を採用しております。

スカニアといえば、最近ではトレーラーでよく見かけるとおもいます。

やはり、世界でトップシェアを誇っているエンジンメーカーですね。

エンジンのトルクが太いので、負荷を入れても、エンジンの回転数や音の変化がかなり小さく、まだまだ余裕がある感じがしました。

是非、実機を見学してみたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声がけください。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

 

発電機の横引き作業をしました。

Yanmar 620kVA M200AL-EN 11000kg
Yanmar 620kVA M200AL-EN 11000kg

東京から、クルマで走ること12時間・・・ (もちろん、途中で休憩をはさんでいます (汗))

本日は、発電機の横引き作業を勉強してまいりました。

ヤンマーのエンジンは、基本設計が船舶用なものでして、たいへんに大きくて・重く、とても頑丈にできています。

船の航海中に、エンジントラブルになってしまっては、命の危険がありますから、ヤンマーのエンジンはとてもポピュラーなのはこの理由があるんですね。

さて、総重量は 11,000 kg (= 11トン) 。

写真の手前 (赤枠) から、横方向へ  (奥へ) 移動させたところの写真です。

見えにくいですが、写真の一番奥にある20トンの発電機に、ワイヤーとホイストを取り付けて、手作業で移動させています。

ほぼ、綱引きをしている感じです。

重量物の移動ででお困りの方がいらっしゃいましたら、お気がるにご相談ください。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

GPC製 ラジエータを納品しました。

Radiator (GRAD180TI) of Doosan AD180TI タイタニック号 新日本海フェリー すずらん
GPC製 ラジエータ (GRAD180TI)

日本のフェリー様より緊急依頼がありました、ラジエータの納品をして参りました。

設計確認 ~ 製造 ~ 輸出 ~ 梱包船積 ~ 日本へ入港までは、とても順調だったのですが、日本での通関で少し時間がかかりました。。

それは、近年増加している ゴールドの密輸入 が影響しているようでして、

税関にて、 X線検査や使用用途、さらには、このラジエータの説明書、ラジエータの内部に入っているもの 等々の質問が出てきたりと、とても&とても 苦労致しました。。

さて、話は変わりますが、

この空冷式ラジエータなのですが、

フェリーに搭載されている発電機の中でも、一番重要な発電機に取り付けられています。

それは、万が一の船が沈没となってしまう際に、最後の最後まで船の照明・誘導灯を点灯させます。(映画にもなりましたね。。)

そう、『非常用発電機 (Emergency Generator)』に取り付けられているからです。

法令で定められた点検はされていましたが、

普段は、使用されない発電機 の為、塩害による劣化が少しずつ起きてしまっていたようです。

身近な例ですと、

沿岸に数か月~数年ほどクルマを駐車したままにすると、バッテリーは上がってしまい、ゴムは劣化して、サビがあちらこちらに出てしまい、エンジンはかからなくなってしまいます。

発電機も、クルマと同様に、普段からエンジンをかけてあげてほしいです。

そして一番大切なのは、

・ クルマであれば、人や荷物を載せて走ること

・ 発電機であれば、実際に電力の負荷をいれてあげること

寿命を維持してあげるために、管理されている方とのご相談のもと、みなさんもぜひ試してみてくださいね。。

フェリー様、お困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から