三菱製 圧延機を輸出しました。第一弾

4段圧延機のアッパー・ハウジング (4 HI SC Mill)
4段圧延機のアッパー・ハウジング (4 HI SC Mill)

7月の暑い中の作業。

海辺に半年間保管されていていましたが、潮風の影響が少なく、とてもきれいでした。

写真のアッパー・ハウジングですが、これだけで「 15,000 kg = 15 トン 」もあり、レッカー車の据付位置から20メートルくらい距離があったため、100トンレッカーを呼んできました。

大変な出費です。。。(汗)

このほかにも、

ボトム・ハウジング、主ギアボックス、テンションリール、ワークロール、ピンチロール、ファーナンスコイラー、スタンドデフロール、油圧装置、オイルポンプ、オイルクーラー、ガイド、冷却タンク、バックアップロール、スピンドル、主モーター、制御盤などなど

総重量120,000kg = 120トンあまりにも及びました。

アッパーハウジングをコンテナにバンニングします
アッパーハウジングをコンテナにバンニングします

今回は、重量物が多くあったため、横浜港でコンテナバンニングを行うことにしました。

これだけの重量でしたので、10トントラック x 16 台 も必要になりました。

大変な出費です。。。(汗 x 2)

さて、横浜港では、いつもお願いしているバン詰め会社さんへ

「京和さんの貨物は、いつも重たいねー。でも、任せといて。」

社長さんは、気前よく、いつも親切、作業は丁寧なんです。

コンテナ本数ですが、当初は10本くらいになるかもしれないとのことでしたが、計8本分に詰め込んで頂けました。

さすが、プロですね。。

この圧延機を作業して頂いた、皆々様のおかげで、無事に輸出することができました。

ベトさん、もう少しで貨物が届きますので、今しばらくお待ちくださいね。。

そういえば、今回は「LC案件」です。

オリジナルB/L 発行されたら、三菱銀行さんに船積書類を一式持ち込まなくては。。

まだまだ一息付けないのですが、もうひと踏ん張り頑張ります!

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から