ブログ - Blog

京和物産のブログです。
Blog by KYOWA

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧 - Blog

半地下の発電機を引っ張り出しましょう @大阪府 商工会議所

半地下にある、三菱発電機  PG140QY の撤去もお任せください。
半地下にある、三菱発電機 PG140QY の撤去もお任せください。

 

弊社では、サウジアラビア、UAE、カタールなど、の国営プラント (発電所、製鉄所、海水淡水化) 向けに新品機械・部品の輸出をしている関係で、

 

・原産地証明書 (Certificate of Origin)

・Invoice 証明 (Attested by Tokyo Chamber of Commerce)

・各種の貿易セミナー

 

などなど、東京商工会議所に行く機会がとても多く、大変にお世話になっております。

 

 

しかし今回は、大阪にある商工会議所まで、、、 

 

深夜バスの「グレイスライナー GR801」で大阪・難波へ出発します。@足柄PAより
深夜バスの「グレイスライナー GR801」で大阪・難波へ出発します。@足柄PAより

 

6:40難波到着の深夜バスで行ってまいりました。 (眠い) 

 

というのも、

今回もご予算重視とのことで、

 

・現場下見は行えず、 

・お客様より頂戴した、写真と動画撮影をもとに、 

・移動費も限りなく、最小にミニマイズ、 

・ぶっつけ本番で、1日間の工期にて、 

・商工会議所のメンバー員であることもあり、

 

非常用発電機の買取と撤去工事に、経験豊富な弊社を選んで頂くことになりました。 

 

本当に感謝&感謝、感銘です。。

  

 

眠さに負けず、さっそく工事開始しますよ。。 

 

発電機周辺、排気ダクト、排気管、燃料タンク、配管などを一気に取り外します。
発電機周辺、排気ダクト、排気管、燃料タンク、配管などを一気に取り外します。

 

2600kgもある、メインの発電機の取出し通路で障害物になるものを、

すべて丁寧に、お客様の建物に当たらないよう慎重に、取り外していきます。 

 

ランチ休憩を挟んでからは、、 

 

発電機を、①吊り上げながら、②ジャッキアップ、③鉄板挿入、④コロ引き
発電機を、①吊り上げながら、②ジャッキアップ、③鉄板挿入、④コロ引き

 

発電機室の天井には、吊り上げ下げ用の「吊りフック (吊環)」があったものの、 

耐荷重量に関する記述が、発電機完成図書にも、建築完成図書にも、 

どこにも記載がありませんでしたので、 

 

天井崩落を防止するべく、

①発電機の片側を吊り上げて、

②高台を作り、

③もう片方をジャッキアップして、

④ もう片方にも高台を作り・・・ 

 

この作業を5回ほど繰り返して、 

 

⑤2トンほどある、長鉄板を挿入しました 

 

三菱発電機2600kgを半地下より、無事に救出することに成功しました。
三菱発電機2600kgを半地下より、無事に救出することに成功しました。

 

人力で綱引きをするには、人数がたりませんので、、

 

チルローラーと、新潟の現場でも活躍したユニック車での引っ張り出しで、

屋外へ移動させることができました。

 

ここからは、新規工事であれば、

2600kgの発電機 (貨物) を吊り上げるために、

16トンレッカー車や10トンユニック車を手配するところなのですが、 

 

限られたご予算と、弊社の今まで蓄積した豊富な経験から、

とにかく、ユニック車のギリギリまで、

「寄せて → → 、 上げて ↑ ↑ 、 積載 ポンっ↓ ↓ 」 

 

待機していた3トントラックへ積載します。
待機していた3トントラックへ積載します。

 

ユニックが空荷だったこともあり、反対側アウトリガーが多少浮いてしまうハプニングはありましたが、 

安全に、そして無事に待機していたトラックへ積載することができました。 

 

 

はたらくくるま 三菱重工製 仮設型 移動電源車 PG140QY 135 kVA 500L燃料タンク付き のできあがり
三菱重工製 仮設型 移動電源車 PG140QY 135 kVA 500L燃料タンク付き のできあがり

 

そして、 今回も、 仮設型 移動電源車 へのトランスフォーム をしました。  

 

燃料タンク 500L ÷ 燃費 33.5L/Hr. = 約15時間~ 稼働 

 

短時間の停電なら、問題なく電源確保できる電源車になります。。 

 

 

撤去した後は、可能な限り隅々まで、きれいにお掃除します。
撤去した後は、可能な限り隅々まで、きれいにお掃除します。

 

今回は、一日間の限られた工期の中でしたが、

商工会議所スタッフの皆様、

商工会議所 をご利用されていたお客様方々、 

工事の現場皆様、 

引取の運転手さん、 

 

大変お疲れ様でした。本当にありがとうございました。 

 

さて、次の現場の前に、海外プラントの仕事を終わらせなければ。。。 

 

次回も頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。  

 

 

< お問合せ >   

京和物産株式会社  

Tel. 03-3537-6325  

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp    

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から  

 

 

 

ビル屋上の非常用発電機を買取&撤去工事しました @新潟まるどり

エアーマン発電機 SDG500S は、三菱重工エンジン S6A3-E2PTAA-1 搭載のためとても重いので、荷降ろし中は、全面通行止めで安全第一!
エアーマン発電機 SDG500S はとても重いので、荷降ろし中は、全面通行止めで安全第一!

 

は~るばる~♪

 

きたよ~♪

 

にいがた県~!?

 

第2弾プロジェクト 始動です。

 

 

そうなんです、

2020年 新潟鐵工所製 非常用発電機 (500 kVA, 6L16X-4) に続き、

もう一台を買取&撤去工事させて頂きました。 感謝&感謝です。

 

前回は、建物1階にあった7500kgの発電機を、横引き~トラック積込したのですが、、

 

今回は、なんと『 おくじょう・・・、屋上!? 』。 

 

 

どこに設置してあっても、

 

「安心してください!」

 

京和物産株式会社 にお任せください。 

 

 

 

今回の一番の難題は、

「お客様のご予算内に収めること」とのことで、

たくさん知恵を絞り、この難工事に挑戦しました。 

 

4階 屋上にある発電機ですが、この時点では総重量が分からず・・・。UX新潟テレビ21
4階 屋上にある発電機ですが、この時点では総重量が分からず・・・。

 

クレーン業者様と、クレーン車からの作業半径の計測を正確に行い、

クレーン運転席からは屋上の発電機が見えないため、吊り上げ手順の綿密な確認をしました。 

 

その結果、

  

SDG500S 発電機を前方へコロ引きします。UX新潟テレビ21
発電機を前方へコロ引きします。

 

今回は、地上公道を片側通行止めによる交通渋滞をなるべく回避するため、

一発で吊り上げできる位置まで、発電機を移動させることにしました。 

 

 

一方、地上では、、 

 

吊り上げ荷重が一番かかる箇所に、鉄板養生を2重に、さらに広く敷きます。加藤ラフタークレーン SL-700R のアウトリガー張り出し
吊り上げ荷重が一番かかる箇所に、鉄板養生を2重に、さらに広く敷きます

 

一番荷重がかかる場所に鉄板を敷設するのですが、

今回は歩道になっていたため、陥没を避けるべく、

鉄板を二重に、さらに広く敷くことで、荷重の分散化をしました。

 

 

 

無事に吊り上げ、7600kgもありました・・・。やっぱり重たかったです。UX新潟テレビ21
無事に吊り上げ、7600kgもありました・・・。やっぱり重たかったです。

 

屋上にいる作業員と無線連絡を取り合い、

さらに地上のアウトリガーの陥没がないかチェックしながら、 

吊り上げ荷重安全内いっぱいで、無事に吊り上げできました。(汗) 

 

 

 もちろん、吊り上げ~地上に下ろしている作業中は、

 

「 車両&歩行者 全面通行止め 」

 

 常に「 安全第一 」を心掛けて、緊張して作業を行います。

 

 表題の写真が、通行止めの時の1コマです。

 

はたらくくるま 北越工業製 仮設型 移動電源車 SDG500S 500 kVA のできあがり
北越工業製 仮設型 移動電源車 SDG500S 500 kVA のできあがり

 

そして、地上で待ち構えているのは、10トン平ボディトラックで、

今回も、 仮設型 移動電源車 へのトランスフォーム をしました。

 

停電でお困りの際は、緊急出動しますよ♪ 

 

 

撤去した後は、きれいにお掃除します。 新潟テレビ21屋上
撤去した後は、きれいにお掃除します。

 

発電機、燃料タンク、配管、ケーブルラックなど、すべて撤去して、

そのあとは、きれいにお掃除して、屋上の作業は完了です。 

 

「屋上の作業は」・・・ということは、 

引き続き、1階で作業があります。。 

 

 

発電機の撤去作業をして下さった皆様、

 

そして何よりも、

片側通行止めの際に、迂回して頂いた歩行者の皆様、 

全面通行止めの際に、停止して頂いたドライバーの皆様、

 

大変にありがとうございました。 

 

 

次回も頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。 

 

 

< お問合せ > 

京和物産株式会社  

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp  

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から  

 

 

 

 

仮設型 移動電源車へトランスフォーム @池袋駅東口 付近

仮設型 移動電源車へ トランスフォーム (積載) しました。
仮設型 移動電源車へ トランスフォーム (積載) しました。

とある日ですが、、 

 

現在時刻 深夜25:30 すぎ、

 

月明かりがまぶしい中、

 

コロナ禍真っ只中、

 

人の賑わいが少ない繁華街の路地裏で、

 

仮設型 移動電源車へのトランスフォームを行ってまいりました。 

 

 

 

屋上7階にある発電機を、地上にある2トントラックまで下ろします。
屋上7階にある発電機を、地上にある2トントラックまで下ろします。

今回は、ヤンマー製 75kVA 発電機 (YAP75A, 1979年製) を使用して、仮設型 移動電源車を製作してみます。

 

1979年製??

ワインやウィスキーであれば、ビンテージ高価格になっていくものなのですが、  

 

→  安心してください!

日本製のエンジンと発電機を搭載してもので、毎時メンテナンスさえ行っていれば、

まだまだ現役で活躍できてしまうのです! 

 

 

荷降ろし中の数十秒間は、一時的に車両&通行をストップします。どんな時も安全第一。
荷降ろし中の数十秒間は、一時的に車両&通行をストップします。どんな時も安全第一。

コロナ禍、そして緊急事態宣言中であったためでしょうか、

終電を過ぎると、人の往来は数名程度でしょうか、

こんな池袋駅周辺は、今までで見たこと経験したことがありません。 

 

 

さて、最新型のトランスフォーム AP95C-5S 80kVA は・・・、また次回の時までとっておきましょう。
さて、最新型のトランスフォームは・・・、また次回の時までとっておきましょう。

もう一台は、同じく2トン車ベースの 仮設型 移動電源車 になっております。

 

 

今回も、ご安全に発電機の搬入/搬出をして頂いた作業員の皆様、車両や通行人の誘導をして下さったガードマンの皆様、

本当にお疲れ様で御座いました。ありがとうございました。

 

 

またの機会も、ぜひよろしくお願いいたします。 

 

 

< お問合せ >   

京和物産株式会社  

Tel. 03-3537-6325  

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp  

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から  

 

 

 

 

 

 

小川鉄工所製 1985年製ラジアルボール盤の交換部品を輸出しました。

Ogawa Radial Drilling-Machine (HOR-D1700, 1985yr) の交換部品です
Ogawa Radial Drilling Machine (HOR-D1700, 1985yr) の交換部品です

前回は、ほんだUSA工場にある HOR-3000 の交換部品を輸出して、無事に交換修理もさせて頂くことができました。

 

その朗報が少しずつ全米に広まって頂けたおかげで、

今回は、世界で超有名なぼーいんぐさんからの部品交換のお話を頂くことができました。

 

「いつも大変お世話になっております。」

とお話するのが良いのか、いつも出張で航空機を利用する際は、ほぼ9割方近く利用するように心がけております。(汗)

 

 

1985年製造の日本の工作機械なのですが、まだまだ現役で動いて・ご使用頂いていること、

そして、世界中を飛んでいる最先端の航空機用に使われていることは、とても日本人としてうれしいことです。

常日頃から現場でメンテナンスされている方々にも、感謝&感謝です。

 

 

Ogawa Radial Drilling-Machine (HOR-D1700, 1985yr) の本体図です。
Ogawa Radial Drilling Machine (HOR-D1700, 1985yr) の本体図です。

今回の不具合箇所は、

 

・カラムの旋回

・アームの保持

・スピンドルの位置

 

とのことで、これは経年劣化によるものです。

35年間ものあいだ、内部部品を交換することなく稼働できる高耐久・ロングライフ設計には驚きです。

 

昔の機械式装置が、世界中で愛され続けてこれたことは、ずばり  ↑ ↑ ↑  これだからですね。。

 

 

航空機の加工をする機械も航空機産業の中では、大切なもののひとつなのです。

 

これからも末永くご愛用頂けますよう、全力で航空機産業をサポートさせて頂きます。

 

縁の下の力持ち とは、こういうことかもしれませんね。

 

  

もうそろそろ、航空便でアメリカに交換部品が到着しますので、もうしばらくお待ちくださいね。

 

現場の皆様、安心・安全な航空機の製造をいつも・いつもして頂きありがとうございます。

コロナ禍が明けたのちは、海外への渡航の際にたくさん航空機を利用させて頂きたいとおもいます。

 

 

 

< お問合せ >  

京和物産株式会社  

Tel. 03-3537-6325  

Fax. 03-3537-6326  

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp  

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から  

 

 

 

三菱重工 MGP520C には、スタンフォード 発電機 HC544C1 を採用していました。

三菱重工業製 可搬形発電機 MGP520C 888 kVA (444 kVA x 2 set)
三菱重工業製 可搬形発電機 MGP520C 888 kVA (444 kVA x 2 set)

中古発電機を買取していると、各発電機メーカーの良い点や使いやすく工夫している構造など、たくさんあります。

 

「毎度、毎度、勉強させて頂いております。感謝&感謝です。。」

 

さて、今回は 2001 年製 三菱重工業製 MGP520C x 2台 を買取・輸出させて頂きます。

 

砕石工場の常用電源として20年間 (2001年 ~ 2021年4月まで) 順調に動いていた「20年選手」なのですが、

シリンダーヘッドからはオイルがにじみ出てしまっているものの、

まだまだ運転・発電できる優れものです。

 

20年前から、三菱重工業でも スタンフォード社 発電機を採用しています。
20年前から、三菱重工業でも スタンフォード社 発電機を採用しています。

銘版を見て一番驚いたことは、

三菱重工業様も20年前からスタンフォード社発電機を採用していたことです。

 

なぜなら、日本の老舗ブランド デンヨー様、北越様 に負けを取らない高耐久仕様にするために、

弊社の KGD500 にもスタンフォード社 発電機 S4L1D-G41 を採用させて頂いていているからです。

 

その高耐久・信頼性があるぶんですが、「本体価格が高いのなんの」・・・です。。

もちろん、お客様への販売価格はとてもお安くさせて頂いております。 (← 企業努力してます。)

  

タンフォード製 発電機 HC544C1 には、粉塵がびっしりと固着していました。
スタンフォード製 発電機 HC544C1 には、粉塵がびっしりと固着していました。

雨にも風にも吹かれたのでしょう、砕石の粉塵が発電機内部に固着している状態なのですが、

細かな粒子を含んだ粉塵が、スタンフォード発電機内部のローターやステーターに悪影響を及ぼしていないとは、とても高耐久性・信頼性の高い発電機といえますね。

 

「さずが、世界でトップブランドの STAMFORD社 です。」

 (( 弊社の目利きは、間違ってなくて良かったです。))

 

 

さて、ここからは、実際に発電機を搭載した「仮設型 移動電源車」からのコンテナバンニング・輸出をご覧ください。

 

三菱重工業製 仮設型 移動電源車 MGP520 888 kVA (444 kVA x 2 set)
三菱重工業製 仮設型 移動電源車 MGP520 888 kVA (444 kVA x 2 set)

トレーラーに 発電機 x 2台 を搭載した、888 kVA, 440 VAC 移動電源車です。

もちろん、発電機高さ 2500 mm + トレーラー荷台高さ 1300 mm = 地上高 3800 mm ですので、

道路交通法も OK、高速道路も OK ですので、日本全国どこへの現場へもすばやく運搬できてしまいます。

 

運搬のことなら、京和物産・運輸部・特送課 までお問い合わせください。(← 近く新設予定、、できるようガンバリマス。)

 

横浜港 山下ふ頭でコンテナバンニングしました。
横浜港 山下ふ頭でコンテナバンニングしました。

横浜港 山下ふ頭、いつものあおばさんにて、発電機の荷降ろししてもらいました。

トラック業者の都合で、なるべく早く優先的に荷降ろししてほしいリクエストがあり、

荷降ろしは、先着順が基本なのですが、そこは常連の京和物産の顔で (・・・ってわけではありませんが)、

比較的早く荷降ろしして頂けました。

本当に感謝&感謝です。 (小生のわがまま聞いて頂き、ありがとうございました。。)

 

さらに、京和物産がとてもすごいところをご紹介します。↓

輸出許可通知書にある区分欄が「区分 : 1」、つまり「簡易審査扱い」ということです。

横浜税関様からも「区分 : 1」を頂戴しており、「簡易審査扱い」となっています。

これは、過去の輸出入の際に不正なことをしていないという証になります。

 

京和物産は、小さい会社ながらも世界貿易をする商社として、日々切磋琢磨に誠心誠意お仕事を頑張っております。

 

それは何よりも、

現場で作業をしてくださった作業員の方々、

発電機を安全に運搬してくださったドライバーさん、

荷降ろし・正確に安全にコンテナバンニングをしてくださった横浜港の皆様、

税関や船の手配・積載をしてくださる乙仲の皆々様、

皆様のおかげで無事に輸出完了となりました。

本当にお疲れ様です&ありがとうございました。

 

べとなむさん、発電機行くから待っててよー。

 

さて、次回はどんな新しい発見・出会いがあるのか、、楽しみですね。

 

 

 < お問合せ > 

京和物産株式会社 

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から