ブログ - Blog

京和物産のブログです。
Blog by KYOWA

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧 - Blog

はたらくくるま特集です。

 LIEBHERR製 250ton オールテレーンクレーン LTM1250NX
LIEBHERR製 250ton オールテレーンクレーン LTM1250NX

今回は、ひこにやんのおひざ元、彦根に行ってやってきました。

この工事現場では、なかなか見ることができない「はたらくくるま」が登場しますよ。

1番目は、 「250トン オールテレーン クレーン 車」です。

この状態では、一般公道を走ることができませんので、クルマ部分・クレーンアーム部分・ウエイト部分の3つに分解することができますので、それぞれのパーツをプラモデルのように、現場で組み立てていきます。

組み立ての時間は、およそ3時間ほどかかりますので、午前5時から組み立てを行っていきました。

100トンクラスを超えると、組み立て作業が発生してしまうために、80トン以下のクレーン車に比べてレンタカー費用がかなり高額になってしまいます です。

とはいえ、、とことん安全には配慮をということで、作業を開始します。

日立製 発電機 JP-800, 1044 kVA, 6600 VAC, 60 Hz
日立製 発電機 JP-800, 1044 kVA, 6600 VAC, 60 Hz x 4台

JP-800 x 4台 を順番に吊り上げていきます。

クレーン車から発電機までの距離が20メートル弱ありますが、クレーン車が大きい分、まだまだ余裕さえ感じられましたよ。

工事計画当初は、手前までコロ引きしてから、80トン レッカーで吊り上げしようと考えていたのですが、お客様からの『安全第一』の熱い声援がありまして、このプランに変更しました。。

低床マルチトレーラー x 4台

2番目は、超低床マルチトレーラーです。

何がすごいのかと言いますと・・・

・荷台の3列あるそれぞれのタイヤが運転席のハンドル操作と連動して曲がります。狭い路地でも、後輪が曲がってくれますので、スイスイ通り抜けすることができます。

・荷台の高さが調整できます。昇降高さは、30~60cmに変更することができますので、背の高い貨物も積載することができます。

・荷台の長さが19メートルまで伸ばすことができます。長尺の貨物も対応できます。

・価格は、土地付き一戸建てが買えてしまうくらいだったそうですが、現在は製造してくれるメーカーが限られるため、もっと高くなっているそうです。。

40ft Flat Rack Container x 4 CNTR
40ft Flat Rack Container x 4 CNTR

そしてそして、3番目は、40フィートフラットラックコンテナ x 4台。。

しかも、「フルボイド (Full Void)」にて、輸出してみました。。

現場工事をして下さった皆々様、トラック輸送をして下さったドライバー方々、そしてコンテナ養生・バン詰め・通関をして下さった皆様方々、、

今回も無事に終えることができまして、大変に感謝&感謝しております。

本当にお疲れさまでした&ありがとうございました。

さて、、かなりの工事・運搬コストになりそうですので、、、

今回もワタクシノオキュウリョウハ・・・オアヅケニナリソウデス(汗)

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

地下1階にある明電舎製 発電機を搬出してみました。

明電舎 発電機 M312HC, 200 kVA, 6600 V
明電舎 発電機 M312HC, 200 kVA, 6600 V

今日は、いつも輸出でお世話になっています、タックスオフィス (Tax Office) に行ってまいりました。

地下には、”埋蔵金”がいっぱいあるのか期待していきましたが、、

見つけたのは、発電機室・電気設備・上下水ポンプ設備などなど、ほかの現場でもよく見る光景でした。。少し、トーンダウン(;^_^A

さて、気分を入れ替えて、、お仕事開始。

地下1階の発電機を電動チルローラーで、排気口までコロ引き
地下1階の発電機を電動チルローラーで、排気口までコロ引き

地下1階に設置してある、発電機を排気口まで移動して、そこから地上で待機中のレッカー車で吊り上げてもらいます。

重量3トンほどでしたので、いつもよりスムーズにコロ引きできます。

しかも、今回は ”電動チルローラー” を用意しましたので、人力よりも移動が速いの早いの。。。さすが60万円、、いい仕事をしてくれますね。。

16トン レッカーで吊り上げ、2トン トラックの荷台に積み込み
16トン レッカーで吊り上げ、2トン トラックの荷台に積み込み

あとは、16トン レッカーで吊り上げて→3トン発電機を→、2トン トラックに積み込みして完了です・・・!?

”2トン トラック” に、”3トン 発電機” を積み込みって??

10トン ショートトラックに、積み替えして無事に出荷します

『安心してください~。。』

先ほどの現場では、10トン ショートトラックでも入っていけなかったため、

敷地内の安全な場所まで、2トン トラックでコロ引きをしてみました。。

そして、この10トン トラックのユニックで、発電機を積み替えして、

無事に本日の作業が、終了となりました。

本日、作業をして頂きました皆様、ほんとうに感謝&感謝です。

大変にお疲れさまでした。

京和物産では、全メーカーの発電機と、さまざまな現場の経験を積んでおりますので、

発電機や機械設備の工事でお困りになっていることが御座いましたら、お気軽にご相談ください。

お客様のニーズにマッチしたソリューションをお届けさせて頂きます。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

.

40フィート・20フィート・フラットラックはじめました~♪

40ft & 20ft Flat Rack Container
40ft & 20 ft Flat Rack コンテナ @博多港

さて、今年は暖かい日が続いていますね。

現場仕事には、かなり助かっておりますが、、

本日は、フラットラックコンテナに発電機のバンニングです。

手前にある発電機は、あと10cm短ければ、20フィートフラットコンテナに積載できたのですが、発電機の壁を切断するわけにもいかずに・・・

なんとか、社長から40フィートで積みOKもらいましたので、、、

豪華に40フィートをオーダーしてみました。(運賃は、20フィートのほぼ数倍でして。。(汗)。。

ヤンマー発電機 DEG 1147 kW & DEG754kW
ヤンマー発電機DEG 1147 kWヤンマー発電機

こちらのヤンマー発電機なのですが、、

2回目のプロポーズでやっと購入ができたのです。。

1回目の出会いは、兵庫県で

2回目は、佐賀県でs

なんだか、ロマンチックな出会いでした。(号泣泣)。

そして、そして、、

3回目の嫁ぎ先は、ベトナム国へ行ってまいります!

運転時間計も、+5000時間 (2100時間 → 7400時間) 程度しか使用しておらず、まだまだ現役で使えますね。。

さて、いい仕事したあとは、やっぱりお腹がすきます。。

行きつけの博多ラーメンやさん経由、帰ることにシマショウ (笑)

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

工進製 ハイデルスポンプを輸出しました。

工進製 ハイデルスポンプ SEV-50X
ハイデルスポンプHIDELS Pump SEV-50X

クリスマスシーズンの真っただ中ですね。

子供のころなんかは、今年はサンタクロースから、何のクリスマスプレゼントがもらえるかとてもたのしみでしたね。。

今頃、子供たちにおもちゃやお菓子を袋詰めしているころでしょう。。。

そんなことを考えながらも・・・

輸出梱包に追われている、、ワタクシですが、

ドバイさんから、

『 ポンプが欲しい』

とお手紙が届きましたので、

日本の高スペック・ハイクオリティ・安心のMADE IN JAPAN なものを、お届けしてまいりました。

昔から、ご愛用頂いているようで、

当時は、ロビン富士重工業 (スバル) 製 ディーゼルエンジンが搭載されていたのですが、

時代の流れでしょうか、

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から

協和製作所製 モータープーリーのリピートオーダー

Kyowa Manufacturing Model : KMP-A103-4C-215-380-36AYS
KyowaKMP-A103-4C-215-380-36AYS

先月に続き、2回目のリピートオーダーを頂きましたー。。謝謝(汗)

ドラム缶みたいな形をしていますが、

なんと、『 重量が40kgオーバー 』の重量級なのです。

おそらく、中身は銅の巻き線がグルグル・・・になっていて、

中央のシャフト部分を中心に、表面のドラム部分が回転するんですね。

しかし、あまりの重さのせいで、ワタクシノ腰ニ「ピキット」キテシマイマシタ。。もう若くないと痛感してしまいました。

こういった部品で大切な部分が、説明書に記載がない部分。

シャフトの上側取付箇所 (Upper Side of Shaft Position)
シャフトの上側取付箇所 (Upper Side of Shaft Position)

こういった部品で大切な部分が、説明書に記載がない部分。

日本人なら漢字は読めますが、外国の方で読める方はおそらく多くはないでしょう。

こういった小さな心遣いが、リピートオーダーにつながるのですね。

今回のモータープーリーは (写真のもの) は、電圧 : 440 VAC の特注仕様になります。

もちろん、異電圧も製作しておりますので、お気軽にご相談ください。

さて、輸出梱包して、DHL で輸出準備を進めましょう。。

カタールさん、3回目の ORDER おまちしていますよー。

< お問合せ >

京和物産株式会社

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から