スカニア発電機 KGD500 の整備点検・部品交換をしました。

G&C-KYOWA製 KDG500 x 2台同時の整備点検をしました。
G&C-KYOWA製 KDG500 x 2台同時の整備点検をしました。

4月というのに、汗ばむくらいの良い天気です。

本日は、京和物産プロデュースのディーゼルエンジン発電機 KGD500 x 2台を同時に整備点検してまいりました。

 

2019年製&2020年製の兄弟発電機なのですが、日本でも有数の暑さになる前橋市で頑張って働いていてくれております。

 

ベテラン整備士の方々も、スカニアエンジン、スタンフォード発電機にはとても興味津々です。。
ベテラン整備士の方々も、スカニアエンジン、スタンフォード発電機にはとても興味津々です。。

今回は、日本を代表するトラックメーカーのいすゞ自動車様にもご協力を頂きました。

海外製のエンジン (キャタピラー、MTU、カミンズ、ボルボ、MAN) であれば、エンジンをすべて分解するトップオーバーホールまでご経験があるとのことで、とても力強いみなさんです!

 

スカニアエンジンは初めてのことだったのですが、冷却水配管のゆがみの修正や次回の推奨交換部品のご指摘頂いたりと、さすが数々のご経験あるからこそできる現場対応力の豊富さを実感しました。。

 

 

ディープシー製 コントローラーでは、負荷出力・電圧・電流・周波数など分かりやすくモニタリング。
ディープシー製 コントローラーでは、負荷出力・電圧・電流・周波数など分かりやすくモニタリング。

私は、ディープシー・コントローラーを担当しています。

パソコンとつなげるのですが、どんな不具合が出ているかや過去のエラーログがすぐにわかります。

やはり、海外の技術力の高さには圧倒されてしまいますね。。

 

さてさて、、

作業はとてもスムーズに進み、実負荷運転試験も予定通り行うことができました。

エンジン・発電機・コントローラーと問題なく運転確認が行え、無事に整備終了。。

 

洗車・ワックスがけがおわり、夕日でピカピカになった発電機たち
洗車・ワックスがけがおわり、夕日でピカピカになった発電機たち

最後は、発電機を洗車ワックスがけしました。

今年も、頑張ってはたらいてくれよ~。。

 

ここで、耳より情報です。

新・KGD500 には、単相100V出力端子 x 4個と、連続給油機能が標準装備されることになりました。

お客様がお持ちの軽油タンクから発電機に接続できたり、

発電機を運転しながらスマホを充電や家庭用エアコンを動かしたりと、

大変に便利になりました。

 

見学も受付ておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

< お問合せ > 

京和物産株式会社   

Tel. 03-3537-6325  

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp 

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から  

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です