三菱重工 MGP520C には、スタンフォード 発電機 HC544C1 を採用していました。

三菱重工業製 可搬形発電機 MGP520C 888 kVA (444 kVA x 2 set)
三菱重工業製 可搬形発電機 MGP520C 888 kVA (444 kVA x 2 set)

中古発電機を買取していると、各発電機メーカーの良い点や使いやすく工夫している構造など、たくさんあります。

 

「毎度、毎度、勉強させて頂いております。感謝&感謝です。。」

 

さて、今回は 2001 年製 三菱重工業製 MGP520C x 2台 を買取・輸出させて頂きます。

 

砕石工場の常用電源として20年間 (2001年 ~ 2021年4月まで) 順調に動いていた「20年選手」なのですが、

シリンダーヘッドからはオイルがにじみ出てしまっているものの、

まだまだ運転・発電できる優れものです。

 

20年前から、三菱重工業でも スタンフォード社 発電機を採用しています。
20年前から、三菱重工業でも スタンフォード社 発電機を採用しています。

銘版を見て一番驚いたことは、

三菱重工業様も20年前からスタンフォード社発電機を採用していたことです。

 

なぜなら、日本の老舗ブランド デンヨー様、北越様 に負けを取らない高耐久仕様にするために、

弊社の KGD500 にもスタンフォード社 発電機 S4L1D-G41 を採用させて頂いていているからです。

 

その高耐久・信頼性があるぶんですが、「本体価格が高いのなんの」・・・です。。

もちろん、お客様への販売価格はとてもお安くさせて頂いております。 (← 企業努力してます。)

  

タンフォード製 発電機 HC544C1 には、粉塵がびっしりと固着していました。
スタンフォード製 発電機 HC544C1 には、粉塵がびっしりと固着していました。

雨にも風にも吹かれたのでしょう、砕石の粉塵が発電機内部に固着している状態なのですが、

細かな粒子を含んだ粉塵が、スタンフォード発電機内部のローターやステーターに悪影響を及ぼしていないとは、とても高耐久性・信頼性の高い発電機といえますね。

 

「さずが、世界でトップブランドの STAMFORD社 です。」

 (( 弊社の目利きは、間違ってなくて良かったです。))

 

 

さて、ここからは、実際に発電機を搭載した「仮設型 移動電源車」からのコンテナバンニング・輸出をご覧ください。

 

三菱重工業製 仮設型 移動電源車 MGP520 888 kVA (444 kVA x 2 set)
三菱重工業製 仮設型 移動電源車 MGP520 888 kVA (444 kVA x 2 set)

トレーラーに 発電機 x 2台 を搭載した、888 kVA, 440 VAC 移動電源車です。

もちろん、発電機高さ 2500 mm + トレーラー荷台高さ 1300 mm = 地上高 3800 mm ですので、

道路交通法も OK、高速道路も OK ですので、日本全国どこへの現場へもすばやく運搬できてしまいます。

 

運搬のことなら、京和物産・運輸部・特送課 までお問い合わせください。(← 近く新設予定、、できるようガンバリマス。)

 

横浜港 山下ふ頭でコンテナバンニングしました。
横浜港 山下ふ頭でコンテナバンニングしました。

横浜港 山下ふ頭、いつものあおばさんにて、発電機の荷降ろししてもらいました。

トラック業者の都合で、なるべく早く優先的に荷降ろししてほしいリクエストがあり、

荷降ろしは、先着順が基本なのですが、そこは常連の京和物産の顔で (・・・ってわけではありませんが)、

比較的早く荷降ろしして頂けました。

本当に感謝&感謝です。 (小生のわがまま聞いて頂き、ありがとうございました。。)

 

さらに、京和物産がとてもすごいところをご紹介します。↓

輸出許可通知書にある区分欄が「区分 : 1」、つまり「簡易審査扱い」ということです。

横浜税関様からも「区分 : 1」を頂戴しており、「簡易審査扱い」となっています。

これは、過去の輸出入の際に不正なことをしていないという証になります。

 

京和物産は、小さい会社ながらも世界貿易をする商社として、日々切磋琢磨に誠心誠意お仕事を頑張っております。

 

それは何よりも、

現場で作業をしてくださった作業員の方々、

発電機を安全に運搬してくださったドライバーさん、

荷降ろし・正確に安全にコンテナバンニングをしてくださった横浜港の皆様、

税関や船の手配・積載をしてくださる乙仲の皆々様、

皆様のおかげで無事に輸出完了となりました。

本当にお疲れ様です&ありがとうございました。

 

べとなむさん、発電機行くから待っててよー。

 

さて、次回はどんな新しい発見・出会いがあるのか、、楽しみですね。

 

 

 < お問合せ > 

京和物産株式会社 

Tel. 03-3537-6325

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です