半地下の発電機を引っ張り出しましょう @大阪府 商工会議所

半地下にある、三菱発電機  PG140QY の撤去もお任せください。
半地下にある、三菱発電機 PG140QY の撤去もお任せください。

 

弊社では、サウジアラビア、UAE、カタールなど、の国営プラント (発電所、製鉄所、海水淡水化) 向けに新品機械・部品の輸出をしている関係で、

 

・原産地証明書 (Certificate of Origin)

・Invoice 証明 (Attested by Tokyo Chamber of Commerce)

・各種の貿易セミナー

 

などなど、東京商工会議所に行く機会がとても多く、大変にお世話になっております。

 

 

しかし今回は、大阪にある商工会議所まで、、、 

 

深夜バスの「グレイスライナー GR801」で大阪・難波へ出発します。@足柄PAより
深夜バスの「グレイスライナー GR801」で大阪・難波へ出発します。@足柄PAより

 

6:40難波到着の深夜バスで行ってまいりました。 (眠い) 

 

というのも、

今回もご予算重視とのことで、

 

・現場下見は行えず、 

・お客様より頂戴した、写真と動画撮影をもとに、 

・移動費も限りなく、最小にミニマイズ、 

・ぶっつけ本番で、1日間の工期にて、 

・商工会議所のメンバー員であることもあり、

 

非常用発電機の買取と撤去工事に、経験豊富な弊社を選んで頂くことになりました。 

 

本当に感謝&感謝、感銘です。。

  

 

眠さに負けず、さっそく工事開始しますよ。。 

 

発電機周辺、排気ダクト、排気管、燃料タンク、配管などを一気に取り外します。
発電機周辺、排気ダクト、排気管、燃料タンク、配管などを一気に取り外します。

 

2600kgもある、メインの発電機の取出し通路で障害物になるものを、

すべて丁寧に、お客様の建物に当たらないよう慎重に、取り外していきます。 

 

ランチ休憩を挟んでからは、、 

 

発電機を、①吊り上げながら、②ジャッキアップ、③鉄板挿入、④コロ引き
発電機を、①吊り上げながら、②ジャッキアップ、③鉄板挿入、④コロ引き

 

発電機室の天井には、吊り上げ下げ用の「吊りフック (吊環)」があったものの、 

耐荷重量に関する記述が、発電機完成図書にも、建築完成図書にも、 

どこにも記載がありませんでしたので、 

 

天井崩落を防止するべく、

①発電機の片側を吊り上げて、

②高台を作り、

③もう片方をジャッキアップして、

④ もう片方にも高台を作り・・・ 

 

この作業を5回ほど繰り返して、 

 

⑤2トンほどある、長鉄板を挿入しました 

 

三菱発電機2600kgを半地下より、無事に救出することに成功しました。
三菱発電機2600kgを半地下より、無事に救出することに成功しました。

 

人力で綱引きをするには、人数がたりませんので、、

 

チルローラーと、新潟の現場でも活躍したユニック車での引っ張り出しで、

屋外へ移動させることができました。

 

ここからは、新規工事であれば、

2600kgの発電機 (貨物) を吊り上げるために、

16トンレッカー車や10トンユニック車を手配するところなのですが、 

 

限られたご予算と、弊社の今まで蓄積した豊富な経験から、

とにかく、ユニック車のギリギリまで、

「寄せて → → 、 上げて ↑ ↑ 、 積載 ポンっ↓ ↓ 」 

 

待機していた3トントラックへ積載します。
待機していた3トントラックへ積載します。

 

ユニックが空荷だったこともあり、反対側アウトリガーが多少浮いてしまうハプニングはありましたが、 

安全に、そして無事に待機していたトラックへ積載することができました。 

 

 

はたらくくるま 三菱重工製 仮設型 移動電源車 PG140QY 135 kVA 500L燃料タンク付き のできあがり
三菱重工製 仮設型 移動電源車 PG140QY 135 kVA 500L燃料タンク付き のできあがり

 

そして、 今回も、 仮設型 移動電源車 へのトランスフォーム をしました。  

 

燃料タンク 500L ÷ 燃費 33.5L/Hr. = 約15時間~ 稼働 

 

短時間の停電なら、問題なく電源確保できる電源車になります。。 

 

 

撤去した後は、可能な限り隅々まで、きれいにお掃除します。
撤去した後は、可能な限り隅々まで、きれいにお掃除します。

 

今回は、一日間の限られた工期の中でしたが、

商工会議所スタッフの皆様、

商工会議所 をご利用されていたお客様方々、 

工事の現場皆様、 

引取の運転手さん、 

 

大変お疲れ様でした。本当にありがとうございました。 

 

さて、次の現場の前に、海外プラントの仕事を終わらせなければ。。。 

 

次回も頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。  

 

 

< お問合せ >   

京和物産株式会社  

Tel. 03-3537-6325  

e-mail : sales@kyowa-bussan.jp    

* インターネットからのお問い合わせは  こちら  から  

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です